価値創造ストーリーの質を高める
「経営デザインシート」で、自社らしさを描く 

資源、ビジネスモデル、提供価値

開催要領
2024年 経営デザインシート(KDS)活用の統合報告セミナー

  • 主催者:WICIジャパン
  • 開催日時:2024年2月~2024年5月,1回約2時間 ( 13:05から14:50, 18:30~20:30) 全5回開催
  • 開催場所:ZOOM
  • 対象:統合報告(書)の作成支援をしている制作支援会社、監査法人、コンサルティングファーム、作成支援をしたいと考えている企業、WICIジャパン個人会員
  • 募集人数:10~40名程度
  • お申し込み期限: 2024年3月4日
    1回目は録画視聴となります。2回目からライブでご参加ください。
  • 受講費用(全5回分,消費税込み)
     法人会員 1枠 3万円(1企業から2名まで)
     個人会員 1名 1万円

     非会員法人1枠 6万円(初回参加,1企業から2名まで)
     非会員法人1枠 4万円(参加経験あり,1企業から2名まで)

     ※経営デザインシートを使った社内対話を体験いただくため、1法人から2名(以上)でのご参加をお願いします。
     ※1企業から3名以上ご参加の場合、人数に応じた枠数でお申し込み下さい。
     ※2月15日受付分より、1企業から2名までの1枠のみ受け付けます。
     ※同一のグループ企業(連結)内の異なる企業や部門からのご参加も歓迎します。
     ※非会員の法人で、過去に経営デザインシート活用のWICIジャパン統合報告セミナーに参加したことのある法人様は、割引料金(4万円)で参加いただけます。
     ※恐縮ですが、現在、適格請求書発行事業者の登録を受けておりません。
  • 合同開催:第1回、第2回及び第5回は、並行開催する事業会社向けのセミナーとの合同開催となります。
  • 時間帯:初回と最終回を夜、他の3回を日中の午後の開催とし、業務として受講しやすい環境を整えました
  • ご準備:Zoomの接続環境をご準備下さい。各回のワークでGoogleフォームやGoogleスプレッドシートを使います。
     社内ネット環境のご都合でGoogleのツールにアクセスできない際は、お手数ですが個人スマホとキーボードなどでご対応ください。
     このGoogleスプレッドシートにアクセスし、空いているセルに文字入力できれば問題ありません。
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/14c_QBlXxP1kpC7k2WWl59GonWgx6lT9WolvSp6AoLXY/edit?usp=sharing
    ※事前の操作テストのご希望がある場合、wici-j@kval.jp までお知らせ下さい。
  • 同時開催の事業会社向けとの関係
     制作支援会社、監査法人、コンサルティングファームの方はこちらの支援会社向けを受講ください。 
     事業会社のIR, 広報, 経営企画等の方は事業会社向けをご受講ください。
     企業グループ内の制作支援ご担当者は事業会社向けでも、こちらの支援会社向けでも、どちらでも問題ありません。
     金融機関・投資家で自社・自行の経営企画やIRに主眼がある場合には事業会社向けを、融資先や投資先のサポートを担当なさる方はこちらの支援会社向けを受講ください。

統合報告セミナー [支援会社向け] お申し込み

お問い合わせ:

統合報告セミナー 運営担当 鈴木健治 wici-j@kval.jp

(WICIジャパン事務局 wj-info@wici-japan.com)

開催趣旨 〜企業の価値創造とサステナビリティーをつなぐインタンジブルズの重要性〜

2024年1月

WICI グローバル前会長

WICIジャパン 常務理事

住田 孝之

 今や700社を超える日本の大企業が統合報告を公表し(※1)、その数は世界でも最多レベルです。数年前には、評価が低かった質の面でも、WICI ジャパン 統合リポート・アウォードの審査の講評にもみられるように、優れたものが増加していることは間違いありません。

 それでも海外からの評価では、辛口のものも依然として存在するようですが、その原因は、売上高利益率や、簿価と時価総額の比率であるPBRという財務的な結果が、価値創造に関する説明を十分に説得的なものにするレベルになっていないことが一つの原因であるように思います。

 将来において企業が創造する価値は、社会価値、環境価値なども含むものであり、今や投資家による企業の評価である時価総額においてもそれが一定程度反映されています。では、企業の本来の価値創造の実力について、統合報告書等を通じて投資家により説得的に伝えるにはどうしたらよいのか。ポイントになるのは企業固有の価値創造メカニズムが図だけでなく、ストーリーとして説明できていない点ではないでしょうか?

 特に、個々の独自の価値観に基づく価値創造に向けた、自社特有の無形資産インタンジブルズ)を活用のされ方や、それがどのように実際の価値に結びついていくのか価値創造メカニズム)のストーリーが明確でないものが多くあります。

 担当部門だけで報告書を作るのではなく、社内外との幅広い対話を通じて、それらを明確にし、どのような言葉で伝えたら理解されるのか、を意識することも大事です。

 こうした状況を克服して、自社独自の価値創造ストーリーを明確にした質の高い統合報告にするためには、自らが何をしたいのか(価値観やパーパス)、その実現のために、どのようなやり方(ビジネスモデル)で価値創造をしていくのか、そのためにマテリアルな要素(資源[リソース],特にインタンジブルズ)は何か、ということをわかりやすく結びつけて説明する必要があります。そのための恰好のツールが「経営デザインシート(KDS)」(内閣府が2018年に公表※2)です。

 このセミナーでは、KDSを活用しながら、企業がパーパスを明らかにし、サステナビリティ要素を含む将来の価値創造のやり方、それに必要なリソース(インタンジブルズ)を描く方法、社外のステークホールダーと対話していく方法を体得していきます。

 インタンジブルズを特に強く意識してきたWICIならではのセミナーです。

 インタンジブルズは、財務資本や有形資産と異なり、中長期にわたって企業に蓄積されてできるものであり、他者が簡単に真似できるものではありません。知的財産権はその一例ですが、企業文化リーダーシップチーム力顧客・取引先や従業員との信頼関係コア人材など、人的資本を含む幅広いものが価値創造を他社と差別化するインタンジブルズです。

 経営デザインシートを描き、それをベースに対話することで、自社の価値創造ストーリーと、そのために必須なインタンジブルズ(とその役割)が認識できます。経営デザインシートの作成を通して、統合思考に馴染み、価値創造ストーリーを明確にし、統合報告の質とともに経営全体の質を高めていくきっかけを、セミナーに参加されたみなさんがお持ち帰りになることを期待しております。

※1 KPMGサステナブルバリューサービス・ジャパン「日本の企業報告に関する調査2021」p.65

https://assets.kpmg/content/dam/kpmg/jp/pdf/2022/jp-corporate-reporting-20220406.pdf

※2 首相官邸HP 経営デザインシート ー経営をデザインするー

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/keiei_design/siryou01.pdf

 経営デザインシートは、コーポレートガバナンス・コードを改訂した東京証券取引所からも、知的財産への投資に関する開示の質の向上のためのツールとしても期待されています。 
https://faq.jpx.co.jp/disclo/tse/web/knowledge8347.html

プログラム
WICIジャパン統合報告セミナー2024[支援会社向け] 

(講師の敬称略,演題等は変更の可能性があります)

  • 第1回、第2回、第5回は並行開催の事業支援会社向けとの合同開催です。
  • ワークは、時間内に作業いただく内容です。
  • 振り返りは、各回講義後、価値創造ストーリーの質を高めるために、次回までに振り返って頂きたい内容です。
第1回(終了しました。録画視聴となります)
2024年2月14日(水)18:30 – 20:30
演 題 経営デザインシートで描く自社の将来
講 師 住田孝之氏、高橋佳子氏

ワーク 自社グループの経営デザインシートを、自由に、自社らしさがでるように作成する(入力フォーム版)

振り返り: 自社のビジネスモデルは、どの資源を、どのような提供価値へ変換するのか。その価値創造ストーリーは自社らしさを言語化できたか。
第2回
2024年3月6日(水)  13:05から14:50
演 題 海外事例から学ぶ 統合思考の実践
講 師 三代まり子氏

ワーク 自社グループの主力製品・サービス(アウトプット)を意識して、自社の経営デザインシートを作成する(Excel版)。

振り返り: 海外事例を参考とできたか。また、支援先のビジネスモデルが生み出す主力製品・サービス(アウトプット)やその体験は、その顧客や社会・環境に価値をもたらすか。
第3回
2024年3月13日(水)  13:05から14:50
演 題 持続的な成長と提供価値の創出
講 師 シスメックス株式会社 鶴野 親是氏

ワーク シスメックス株式会社の持続的な成長と利益を説明する価値創造ストーリーを描き、それらをフォローアップするKPIsを整理する

振り返り: 自社の支援先の主力製品・サービスや、サステナビリティに貢献する製品・サービスは、持続的、長期的な価値創造となり、成長と利益をもたらすか。その成長等の進捗を確認できるKPIsは何か。
第4回
2024年4月15日(月)  13:05から14:50
演 題 (仮)「企業価値算定式」を用いた伊藤忠商事の統合レポートについて
講 師 伊藤忠商事株式会社 息 えりか 氏
ワーク サステナビリティを含む企業活動の財務マテリアリティを整理する

振り返り: 支援先のサステナビリティその他の企業活動について、リスクと機会を抽出できたか。サステナビリティ等のリスクはリターン(利益率)と見合っており、機会は将来の市場規模をもたらすか。
第5回
2024年5月23日(木)18:30 – 20:30

成果発表会 受講者 自社の個性であるインタンジブルズで価値創造を継続する(作成した経営デザインシートを使いながら発表)
コメンテーター: 住田孝之氏、高橋佳子氏、鈴木健治氏、機関投資家の他、WICIメンバーから参加予定
  • 各回とも、座学(講義)は1/3程度です。毎回、KDS作成等のワークがあります。
  • 第5回(本セミナー終了後) 経営デザインシートの活用や、統合報告、統合思考の実践について、受講者に発表いただく機会を作っていきますので、開示や対話について良い手応えが得られましたら、セミナー運営の事務局まで教えてください。

2020-2023 WICIジャパン統合報告セミナー 受講者の声

作成支援会社向けセミナー

KPIやマーケティングなど、これまであまり触れてこなかった話を聞くことができたのは興味深かった。ワークやディスカッションが毎回駆け足だったので、もう少し考えたり、対話したりできる時間があるとよかった。

・KDSの考えを学び、価値創造の思考が深まった。また、事業会社の方や他の支援会社の方とディスカッションでき、自分にはない着眼点や発想に触れることができた。

・経営デザインシートは若手の企業理解に非常に役に立つツールで、助かっています

・中途入社したばかりで、統合報告書の作成は今回が初めてのため、KDS作成については難しい部分もありましたが、自社についての整理がしっかりできる作りとなっており、今後も活用していきたいと思いました。他社企業の事業内容を聞いてまとめていったり、KPI活用のポイントについての説明など、とても充実した内容だと感じました。

・統合報告書をどんな点に気を付けてどんなスキームでつくっていったのかを実際に作成した方からの解説や感想付きで紹介していただけたのがとても参考になり良かったです。

・ 2023経営デザインシート作成フォームに一問一答のアンケート 回答形式で入力すると考えがまとまりやすく、やりやすかったので、発表会用の経営デザインシートもフォームを利用して作成しました。

KDSや統合思考を経営へ反映するところまでアプローチできるようにしていきたい。

・統合経営のフレームワークを知り、実践できた機会に感謝したい。レポート支援業務で役員ワークショップや全社向け研修などでの導入において、積極的に使用していきたい

・セミナーは非常に勉強になり、事業会社さん、ほかの支援会社さんとフラットにお話できて良い刺激になりました。(ブレイクアウトルームに飛ばすときは、ファシリを名指ししたほうがスムーズにディスカッションに入れると思いました)

・ KDSをベースにして関係者で議論することで、長期的価値創造にむけて考慮すべき要素を、網羅的・俯瞰的に検討しやすくなり、統合思考に基づいた経営を推進し、統合報告の質を高めるための良い共通言語となり得ると感じた。

・今後のコンサルティングや統合報告の支援過程で、この考え方を活用して行いたい

・ 本セミナーに参加して、普段考えない視座に身を置くと新しい世界が見え始めた。また、作ったKDSを実現させるために必要な取組を始めると、壁がより鮮明に見えてきた。

・属人的になりがちな企業情報の洗い出しやストーリーの整理が、KDSを活用することで、フレームワークができ、かつ、より深い企業理解につながることが理解でき、今後のレポート制作に非常に活かせると感じております。

財務から非財務要素(インタンジブルズ)をどのように結びつけるのかが具体的に理解できたました。今回のセミナーだけでなく、引き続き理解を深めるため、セミナーや定例会に参加したいと強く思いました。

統合報告セミナー [支援会社向け] お申し込み

お問い合わせ:
(WICIジャパン事務局) wj-info@wici-japan.com

(運営担当 鈴木健治)wici-j@kval.jp